Shitamachi-Kyoudai's official WebSite

Profile

Rap Performer/Djembe Player
メンバー : Banana Ice プロデュース/ソングライト/作詞/アレンジ/Remix等、数多くのアーティストの作品に関わる(詳細参照)。13才からバンドを始める。1982年地元の仲間でBananavender & The Jungle Fiveを結成。日本語ラップを取入れライブ/コンテスト等に出演。Bananavendersに改名日本初完全日本語Rap Albumでテイチクよりデヴュー。1989年CX系子供番組『ひらけ!ポンキッキ』でオリジナル・ラップ曲を発表。1992年SHIBAURA RECORDSレーベルを立ち上げ下町兄弟として12inchを中心にオリジナル曲を発表。ボディコンをテーマにした曲はジュリアナ東京で初めてDJにプレイされる日本語ラップ曲として話題となり、USENの第1回フレッシュ・ミュージシャン・コンテストでグランプリを獲得。都内ディスコ/クラブでゲリラ・ライブを開始。「パリッ!とオバさん」はFM802でインディーズからは初のヘビー・ローテーション曲に選出。TVアニメ、映画、ラジオ/TVのジングル、コント、CM、舞台、アイドルの仮ラップから、俳優養成所の滑舌レッスン、受験用教材に至るまで、ジャンル問わず多方面にラップを取り上げて頂き現在に至る。発表されている作品は500曲以上。

BANANA ICE:Nov.1st. in 1963 Tokyo Backstreet birth.
BANANA ICE is writing a lot of songs and lyrics for many artists and producing,too. And is active as rap artist and djembe player named "SHITAMACHI-KYOUDAI". A large number of works are released by own label SHIBAURA RECORDS(since 1992) and as same as from some major labels.
Pls.check this out in detail.



詳細 >>

記録

Live Appearance

動作環境

Windows 7, vista, XP
Mac OS X 10.x
Internet Explorer 7以上
Mozilla Firefox 2~6
Safari 3以上
Windows Media Player 9以降
Adobe Flash Player バージョン8以上
* Cookie および ActiveXを有効にしてください


動作環境について

QRコード

携帯電話からアクセス
クリックで拡大します
URLをメールアドレスに送信

RSS RSS
746件中   101 - 150 件表示 ( 全 15ページ )  ページを表示
  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  ...    

今日のBANANA ICEさん

遂に4日間出前.........

桃太楼






























2012-02-11 11:58:48投稿者 : 鉄骨番長

    ハードウエア

    時代の変化に着いていけなくなった
    ハードウエアを何とか
    活かしてあげたいと
    ここ最近切実に思う。

    時代の変化に対応できなければ
    経済効果も生み出せないのが
    今の世の中....

    だからと言って全てが
    使い捨てにはしなくない。

    楽器や録音機器は
    アナログからデジタルへの
    移行とともに
    大きく変わってしまった。

    記録メディアすら
    もう存在しないものも
    沢山有る。

    DAT,MO,FD,ZIP........

    ハードウエアの大半が
    製造中止となり
    メンテナンスのサポートも
    終了したり
    かろうじて可能でも
    高額となり
    維持が不可能になる。

    新しいものは
    常に開発され生産され
    ほとんどが
    その流れにのらなければ
    生きて行けなくなる。

    名機と親しまれた数々の
    ハードウエアは
    それなりに
    技術者の
    味もこだわりもあって
    使っていて楽しい。

    全てが一体型になり
    万能になれば
    便利だが
    こだわりも
    味も削られてしまい

    どこか
    温かさや
    深みがない。

    そう思うのは
    昭和生まれの
    証なのだろうか.......




























    2012-01-31 19:00:45投稿者 : BANANA ICE from 下町兄弟

      小さき者へ


      NHK教育の人気番組『にほんごであそぼ』で
      小錦八十吉さんが歌う「月のうた」では
      有島武郎の小説内の一節を歌詞に
      作曲した『小さき者へ』が
      1/30〜OAされています。

      小錦さんが
      お父さん的な立場で
      子どもたちへ
      心優しく力強く
      導いてくれています。

      演奏は
      ピアノとウッドベースとジャンベで編成しました。

      大人の人も是非時間を合わせて
      観て下さい!!!

      作詞:有島武郎
      作編曲:BANANA ICE
      A.Piano:猿楽
      W.Bass:大澤逸人

      にほんごであそぼ
      月〜金曜日
      午前 7:30〜7:40(10分)
      午後 5:15〜5:25(10分)


































      2012-01-30 14:07:29投稿者 : BANANA ICE from 下町兄弟

        資本主義の崩壊

        経済の流れが

        常に古いものを排除し

        新しいものを供給し続け

        消費社会を循環させるには
        限界がある。


        電気を必要とする
        道具の大半は
        5年もすれば
        交換を余儀なくされ
        周辺の関連した機器も
        すべて使えなくなる。

        その
        変化に
        着いて行かなければ
        時代遅れとなり

        当然、
        新しいものを
        生み出す経済の流れからは外れ
        好奇心と体力を失った者は
        社会からも疎外され
        古い人間として
        分類されるか
        変わり者扱いと
        なりかねない。


        送り出す側の速度は
        刹那的に加速し
        短期間で売上げを
        達成させようとする。




        便利を追求するあまり
        大切なものまで
        ショートカットし

        人間のコミュニケーションまでも
        歪に便利化されてしまう。

        そのひとつの例として
        日本の祝日までも
        無理矢理連休にしようと
        可動するようになってしまった。



        そもそもマイノリティから
        生まれたはずのものも
        マジョリティを獲得すれば
        変化と便利さを優先し
        マニア向けの物質と化す。

        行く末
        時代の道具との互換性に
        未来のない商品は使い道のない
        ゴミとなる。



        MP3を当たり前のように
        日常の音楽のメディアとしているが

        そこに削られたものが
        どれだけあるか
        皆、気がついていない。


        そして
        案の定
        音楽の値打ちは
        コピー=無料に近い価値でしか
        なくなった。


        物造りは
        時間と労力を
        ショートカットしても
        魂が残れば
        どんな作品も
        素晴らしいに違いない。

        だが
        無駄と思っていた
        時間の中に
        本当は大切なものが
        たくさん詰まっていたはずだ。

        それを忘れてしまった時

        あるいは

        それを知らないで
        いることは

        とても恐ろしい。





























        2012-01-25 17:20:37投稿者 : BANANA ICE from 下町兄弟

          パパタラフマラ『島』に行って来た!

          仕事の合間を縫って
          パパタラフマラの
          ファイナル・フェスティバル
          4演目中の1つである
          『島』の舞台を観てきた。

          いつも
          パパタラフマラに触れる度に
          思う事は
          自分の中の眠っている感性を
          目覚めさせてくれることだ。

          どんなSFや映画を観ても
          現実にあてはめがちになるが
          絵画を視て感じる時に似た
          潜在意識を刺激する。

          それは心の中でもあり
          宇宙のそのまた先にもなる。

          余韻は
          音でも
          映像でもなく
          果てしなく
          脳裏に残像する。

          言葉にするまでもなく
          素晴らしい舞台を観させてもらった。


          疑うべきものは
          自分自身なのかもしれない.....

          そんな思いまでこみ上げる。

          感じるがままに楽しめた。

          この刺激と感性は
          自分の中の共通項に
          居場所を作り
          いずれ別の形となることだろう。




















          2012-01-14 20:40:50投稿者 : BANANA ICE from 下町兄弟

            今日のBANANA ICEさん

            studio
            鏡開き

































            2012-01-11 13:42:09投稿者 : 鉄骨番長

              今年のBANANA ICEさん




































              2012-01-04 00:00:12投稿者 : 鉄骨番長

                1年

                今年もあと残すところわずかである。

                1年を振り返ることなく
                この20年を振り返ってしまう。


                20年前が大昔のようでもあり
                つい最近のようでもある。

                時代の変化について行くことは
                大切であると感じながらも
                疑うべき事が多い。

                信じるべきは己である....
                と当然の如し教えに反し
                最も信じてはいけないのは
                自分なのかもしれない。

                20年を振り返りながら
                この1年の自分自身にはそう感じ
                この年末を迎える。

                2012年
                誰もが期待と不安を抱きつつも
                当たり前のことが
                通用しなくなる変革期へと
                流れは向かっている。

                壊れないはずのものが壊れ
                目に見えなかったものが現れる。

                そろそろ
                人間が万物の中心であるという
                間違った考えを捨てなければ
                地球は壊れてしまうだろう。

                言葉は音に変え
                感じ合える仲間と
                形を残して行きたい。

                1人で完結してはならない。
                答えは無限に存在する。


























                2011-12-28 19:48:26投稿者 : BANANA ICE from 下町兄弟

                  となりのココロ

                  未成年の犯罪と更生を
                  何とかするのは
                  法律でも警察でもなく

                  この変貌の中に暮らす
                  ぼくら大人たちの
                  最大の責任である。


                  インターネット上の
                  関係が全て軽薄とは言えないが

                  知らなくても良い事を知り
                  気づいてあげなければいけないことに
                  気づかず
                  人間関係が
                  表面的になっていく。

                  これは現代社会の病でもあると
                  感じる。

                  言葉以上に
                  文章というのは
                  その人の
                  人格を表す。

                  それだけに
                  見た目だけで判断してた相手が
                  どんな人かが
                  分ってしまったり、

                  あるいは逆に
                  その人の言動に
                  勝手な嫌悪感を抱き
                  関係を遠ざけることも
                  できてしまう。

                  普段あまり
                  喋らない人見知りの人に限って
                  沢山の文章を吐き出し
                  その逆の場合もある。

                  人の寂しさを埋めるには
                  とても時間潰しの絶好の道具と言えよう。

                  だが
                  一歩外へ出たときに
                  周りの人への気遣いや
                  気配りなど
                  なるべく関係性をもたず
                  自分のことだけを
                  考える人も
                  増殖させる危惧を
                  疑わない。

                  しかし
                  それは決して
                  道具の所為ではない。

                  時間をかけて知る事が
                  ネットでは
                  ショートカットされる。

                  本来必要な
                  無駄の中から
                  生まれた遊びや
                  知らなければならないことを
                  飛び越えて
                  できなかったことを
                  可能にしてしまう。

                  教えられなくても
                  自分でできてしまう
                  感違いが
                  増えることが
                  最も恐ろしい。

                  独りではなく
                  誰かと
                  繋がっていると勘違いする。

                  孤独を避け
                  自分と向き合うと言う
                  最も大切な時間を怠慢にするだけで
                  誰とも本当は
                  繋がってなどいないことに
                  気づかないのだ。

                  急速度の
                  情報社会の変化に
                  順応してこそ
                  時代に合った仕事を
                  循環させる一方

                  大切な何かを
                  通り過ごしてしまう。

                  自分自身の進む速度を
                  知らなければならない。

                  この下町(まち)には
                  昔と今が現代も
                  嬉しい事に
                  まだかろうじて
                  混在している。

                  普段近いはずだったのに
                  意外と足を運ぶ事のない
                  隣町をちょっと目的もなく
                  歩いてみるといい。


                  人間関係も同様に。





































                  2011-12-12 16:30:57投稿者 : BANANA ICE

                    こころ音プロジェクト

                    東日本大震災復興支援へ向け
                    JASRACが設けてくれた

                    ここを通して
                    以前、作詞作曲をした
                    『旅立ちのうた』(NHKみんなのうた)の
                    著作権料を
                    基金にあてました。(2012年1月分配〜)


























                    2011-11-30 17:37:22投稿者 : BANANA ICE

                      今日のBANANA ICEさん



                      タワーサイドスタジオにてレコーディング・セッション。
                      無事にOKテイクを出して記念撮影。
                      左よりレコーディング・エンジニア:藤田さん
                      Wベース:大澤逸人さん
                      ディレクター:本吉さん
                      ジャンベ&作編曲:BANANA ICEさん
                      ピアノ:猿楽さん



                      お疲れさまでした〜


                      この作品は後々発表します!!












                      2011-11-24 12:54:42投稿者 : BANANA ICE from 下町兄弟

                        音楽は押し売りではない

                        音楽は押し売りではない。

                        勝手に聞いて楽しめばいい。

                        好きな音楽を見つけたら

                        自分だけでこっそり楽しむのも
                        仲間に教えるのもいい。

                        押し売りされた音楽は

                        いずれ捨てられる。














                        2011-11-16 22:38:03投稿者 : BANANA ICE from 下町兄弟

                          吾、誕生日に思う

                          今日でまた1つ
                          歳を重ねました。

                          いつになったら
                          悟りを開けるようになるのだろうか....


                          人は
                          この世に生まれ
                          それぞれの生涯を全うするが、

                          若くして逝く者もあれば
                          長寿もある。

                          それは先祖や親や兄妹や先輩が
                          自分へしてくれたことに対し
                          自分が子孫や後輩へ
                          どれだけお返しができるかを
                          神に試されているかの如く。

                          先輩に酒を注がれたら
                          かけつけ3杯を飲まないといけないと
                          中学で教わった。

                          その所以はつまり
                          『先輩に(道を)継がれたら3倍にして御返しをする』
                          という意味なのだと勝手に解釈する。


                          墓参をすると心が
                          静かになれる。

                          小さい頃からそうだった。


                          自分のことばかりしか
                          考えない者が
                          この国にはとても増えた。

                          自己犠牲はいつの日か
                          美徳とはされなくなり
                          表現の場を無駄に
                          操作され続ける。

                          父は
                          誰も見る事のない日記を
                          字が書けなくなるまで
                          日めくりカレンダーに
                          刻んでいた。

                          それを見ると
                          何より貴く思う。

                          そして
                          父が亡くなった翌日から

                          その日めくりの日記は
                          母によって続きが刻まれていた。



                          思いやりとは
                          口に出さずに
                          相手に気づかれずに
                          そっと
                          手を差し伸べる
                          ことでもある。




























                          2011-11-01 13:03:12投稿者 : BANANA ICE from 下町兄弟

                            アルバム

                            いつも思う。

                            アルバムを1枚仕上げると
                            その後遺症で
                            身体の力が抜けたようになる。

                            それだけ
                            身も心も削る。

                            立ち直りに
                            時間がかかるのも
                            歳とともに遅い。

                            先輩たちに
                            聞いたところ
                            やはり
                            1年くらいは
                            何もしたくなくなると言う。

                            少し安心した。

                            20代の頃は勢いだけで
                            作れたけど
                            歳を重ねれば重ねる程
                            込める内容も増えて行く。

                            最近は配信で自由に完パケを
                            発表できるから
                            そんな苦労も少なくなったが

                            CDやアルバムとして楽しむ人が
                            少なくなってしまうのは
                            やはりLP世代で育った
                            僕らにとっては寂しい感じがする。

                            物語や小説を味わうように
                            アルバムを作り上げて行くのは
                            何度経験しても楽しい。
                            そしてそれが
                            何度聞いても新鮮でいられる
                            作品になるのだから。

                            総体的にパッケージは
                            結果を出しにくく
                            なってきたから
                            アルバムにかける
                            時間も労力も削らないと
                            ならないのが常識になりつつある。

                            が、

                            僕は逆だと思っている。

                            時間をかければ良い訳ではないが
                            人の関わりが増え
                            それぞれが持っている力以上を
                            発揮した時には
                            1+1=化学反応を起こし=100になったりもする。

                            その体験をして
                            結果が出たときの
                            満足感は
                            何にも代えられない。

                            そして必ず
                            先の子どもたちへも
                            贈り物ができる。

                            それだけは
                            実感し
                            ずっと
                            信じて作り続けたいと思う。















                            2011-10-18 16:45:53投稿者 : BANANA ICE from 下町兄弟

                              八木誠さんを偲ぶ会

                              今日は生前お世話になった
                              そして尊敬する
                              ラジオのDJ:八木誠さんを偲ぶ会

                              音楽を愛する人たちに囲まれ
                              それをまた継承する人たちの中で
                              貴重な話をできたことに感謝する1日となった。

                              音楽を作るのは
                              決して1人ではなく

                              色んな分野の人が
                              1つになって
                              魂を伝えていく過程に
                              シンプルでありながらも
                              忘れてなならない
                              人から人への繋がりがある。

                              『ヒットは人から』
                              『お金は後からついてくる』
                              八木さんが伝えてくれた言葉。

                              それだけではないけど
                              その解りやすくも難しいことを
                              教えてくれたのも
                              今にしてみれば
                              八木さんの紹介するDJの
                              スタイルにあった。

                              人間関係が希薄になりがちな
                              現代の情報交換の日常に
                              人から人へ音楽が
                              伝わる事の大切さを
                              教えてくれたのも

                              そんな八木さんのラジオ番組に
                              触れる事ができたから
                              言えることだと実感して止まない。

                              どうして
                              八木さんのような
                              DJがラジオから消えたのか...

                              それもまた
                              時代に投げかけたくなる


                              八木さんのDJに
                              触れ感じたことを
                              少しでも
                              多くの後輩に
                              伝えていけたらと
                              思う。







                              R.I.P.








                              2011-10-18 02:28:12投稿者 : BANANA ICE from 下町兄弟

                                パパタラフマラ


                                パパタラフマラ

                                それは自分にとって
                                物凄く影響を与えてくれた
                                エンタテインメント舞台芸術の塊です。

                                そんなパパタラフマラが
                                解散してしまいます。
                                それはきっと新たな出発の為の
                                第1歩なのでしょう。

                                ファイナル・フェスティバルへ向けて
                                下町兄弟も実行委員の1人です。

                                一人でも多くの人へ
                                この魅力をお伝えできたら
                                嬉しいです。

                                舞台に関する詳細やファイナル・フェスティバルの内容は
                                パパタラフマラの公式ページをご参照ください。


                                >>>>>>>>>>>>>>>>>>

                                僕とパパタラフマラとの出会いは、
                                行きつけのバーで
                                たまたま会った知り合いの音楽ライター
                                吉岡正晴さんから推薦を受け、
                                『三人姉妹』を観劇させてもらったところから始まりました。

                                それは『Heart Of Gold~百年の孤独』公演で
                                出演できるラッパーを探していた経緯でした。

                                初めて小池さんにお会いしたことは、
                                未だ昨日の事のように新鮮な記憶です。
                                そして、初めて作品に触れた時には、
                                子どもの頃に見た絵画の世界が
                                飛び出したかような衝撃的な印象でした。

                                音楽畑しか経験のない自分にとって
                                全てが未知の挑戦でしたが、
                                出演者やスタッフに触れる時間と稽古を重ねる度に
                                途轍もなくワクワクするような魅力と期待に
                                欠片の不安を何も感じず楽しめたことが不思議です。
                                しかし、それはパパタラフマラの作品の1つ1つを観れば
                                当然だったことでしょう。

                                僕が観たパパタラフマラの舞台の衝撃と感動は、
                                他と比較する対象が一切なく、
                                ずっと心の中に残ることでしょう。

                                新しいスタートが始まることを
                                1ファンとしても期待しています。

                                BANANA ICE(下町兄弟)

                                2011-10-15 12:10:57投稿者 : BANANA ICE from 下町兄弟

                                  夢の話

                                  夢判断
                                  夢占いなど
                                  色々とあるが

                                  昔の人は
                                  夢は妖怪の仕業と
                                  言い伝えられてたらしい。

                                  確かに
                                  不思議なことがある。

                                  デジャヴを体験した人は
                                  少なくないだろう。

                                  それが正に正夢であると言う。


                                  小生が
                                  決まって見る夢は
                                  両親のどちらかが
                                  夢に現れるときは

                                  必ず墓参をするか
                                  実家を訪ねるようにしている。

                                  すると
                                  必ず夢が記した意味が
                                  わかるのだ。


                                  あまりにも鮮明な夢は
                                  夢日記に書き留めておく。

                                  それが将来
                                  何に役立つかどうかは
                                  わからないけど
                                  自分の精神状態が
                                  潜在的にどうなっているか
                                  裏付けてくれるからだ。


                                  これは検索もできて
                                  面白い↓。

























                                  2011-10-13 14:02:11投稿者 : BANANA ICE from 下町兄弟

                                    初めて触れたコンピューターが
                                    Mac SE。
                                    そして初めて買ったコンピューターが
                                    Power Mac 8100/100だった。

                                    当時にしては早かったのか
                                    ハードディスク・レコーディングで
                                    使用する目的もあって
                                    50万以上かけて揃えた気がする。

                                    レコーダーでも
                                    楽器でもないのに
                                    ディスプレイの前にいる時間は
                                    寝る時間を惜しんで
                                    目的を忘れて玩んだ記憶がある。

                                    それは一体...何なのか?
                                    依存性があるのか?

                                    小さい頃、精密機械を
                                    分解してどうなってるか
                                    玩んだかのように.....

                                    多分、最近 iPhoneを手にした人たちは
                                    同じように触り続けているのでは
                                    ないだろうか?


                                    当時、全てを1人で
                                    やらなければならない自分にとって
                                    万能なMacが秘書だった。

                                    本来、
                                    業務をこなす為にある
                                    コンピューターのはずが

                                    必要以上に魅力に取り付かれ
                                    時間を忘れさせる道具になっていた。

                                    (Macを使ってなければ、横道に外れずに
                                    業務だけをこなしていたのかもしれない。)


                                    勿論、今まで何日もかかったことが
                                    ほんの数分でできたことにも驚きながら。

                                    誰もが同感してることに
                                    Macがなければ今の生活のスタイルも
                                    違っていたと想像する。

                                    自己満足を
                                    とことん追求できる
                                    道具なのかもしれない。

                                    音楽を表現するToolとしてMacを
                                    ここまで必要とするのも
                                    20年前には想像つかなかった。


                                    だけど.....最近はこう感じることがよくある。


                                    コンピューターはコンピューターであって
                                    楽器ではない。

                                    つまり一方で、

                                    楽器の良さを
                                    再認識させてくれたのも
                                    Macなのかもしれないと......



                                    Steve Jobs氏に感謝を込めて
                                    Rest In Peace 


















                                    2011-10-07 11:33:22投稿者 : BANANA ICE from 下町兄弟

                                      場所



                                      日本にはまだまだ素晴らしい場所が沢山あります。

                                      ここは小さい頃に父に連れて行ってもらった場所。

                                      想い出を訪ねて行ってみました。

                                      35年前に行った場所は

                                      当時と何も変わらず

                                      美しい自然の景色が

                                      残されていました。

                                      人も自然も

                                      優しく

                                      心地よい空気と静寂は

                                      身も心も洗ってくれます。


                                      訪ねるには勇気が必要だったけど

                                      やはり行って良かった.......



                                      清里『美しの森』から

                                      2011-10-01 22:17:34投稿者 : BANANA ICE from 下町兄弟

                                        HYANGHA卒業式



                                        レインボータウンFM "Old School Jam"
                                        番組のコーナーを担当してくれた
                                        9月いっぱいで
                                        約1年半の出演
                                        最後の放送となり
                                        無事に卒業式を終えました。

                                        もともと1人でやって来たとはいえ
                                        やっぱりそれはそれは寂しいものです。

                                        彼女のこれからの活躍に期待して応援していきたいと思います。

                                        本当にありがとう......

                                        終わりは始まりの第1歩.....
                                        別れは出会いへのステップ......


                                        次週からは
                                        内容も少しだけ一新して
                                        R&B/HipHop/Soul/Funkの名曲&隠れた名曲を
                                        たくさん紹介していきますよ!!!

                                        サイマルラジオでも聞けるようになったので
                                        スマートフォンからもどこでも聞けます。
                                        Check out za radio live show every Saturday from 4~5pm.
                                        See U then babba!!




















                                        2011-09-26 14:17:22投稿者 : BANANA ICE from 下町兄弟

                                          9.11に思う

                                          NHKのドキュメンタリーに
                                          『地球大進化』というのがある。

                                          これは是非観て欲しい。

                                          地球規模で見た時に
                                          なんて人間は小さい存在なのか...
                                          と、同時に命の尊さに涙さえ出てくる。


                                          小さい頃から不思議に思っていることがある。

                                          人類の歴史上
                                          何故......
                                          人間同士の殺し合いは
                                          世界の文明がこんなにも発達した現代も
                                          何千年も前も変わらずに
                                          どこかで必ず繰り返されているのか。

                                          そして9.11で犠牲になった人たちの死を
                                          更なる戦争の口実に使っている
                                          愚かさに嘆く。

                                          生も死も
                                          偶然の連続だとしたら
                                          それを冒涜する行為に
                                          地球はいつか
                                          怒るに違いない。

                                          いや、もうすでに
                                          その怒りは
                                          始まっているのかもしれない。




                                          3.11の震災
                                          9.11のテロ
                                          6.11 我が父の命日

                                          小生は
                                          1年の全ての 11日を
                                          これからは
                                          "祈りの日"としようと思う。






















                                          2011-09-13 13:03:30投稿者 : BANANA ICE from 下町兄弟

                                            整理整頓

                                            今日は予定が空いたので

                                            朝から楽曲と詩の整理を始め
                                            飯も食わず早8時間が経つ......

                                            これを定期的にやっておかないと
                                            無精な吾輩は何がどこに行ったか
                                            作り放しになってしまうのである。

                                            思った以上のdemoの数と
                                            詩の量は増えるばかりである。

                                            なぜなら.......

                                            頭の中で形にしたまま満足し
                                            並列にいくつもの新しい歌を
                                            作りかけたままの怠慢が
                                            積み重なるからである。

                                            10~20代には
                                            詩や曲ができた瞬間に
                                            アレンジも録音もスケッチをして
                                            保管しておいたものである。


                                            徹底的に大掃除?
                                            いや、整理をしないと

                                            思ったものがすぐに再現できないどころか
                                            作ったことすら忘れていしまっている。


                                            そんな訳で......

                                            この期に及んで
                                            誰かそんな整理と管理を手伝ってくれる
                                            秘書を募集しようかと思ってます。

                                            そんな暇な人はいないか〜

                                            ちかれたび〜

                                            Smell the coffee ♨



























                                            2011-09-06 17:00:15投稿者 : BANANA ICE from 下町兄弟

                                              紅猿live

                                              ピアニスト:猿楽と 8才のギタリスト :紅によるユニット ~ 


                                              全国ツアーの最終日は
                                              代官山"晴れたら空に豆まいて"での
                                              ライブをdjembeのリズムでサポート。

                                              二人のピュアな音色になんとも心が清らかになります〜。


                                              歌詞よりも強く優しく純粋に心に響くものもあるのですね。


                                              是非ご試聴あれ !!










                                              2011-08-29 10:35:43投稿者 : BANANA ICE from 下町兄弟

                                                秋に思ふ

                                                ようやく夏らしい積乱雲を
                                                東京の空に見る頃には
                                                夏の終わりである。

                                                毎年この頃になると

                                                自分の中の
                                                原色のクレヨンが
                                                白と茶色と黒だけ残る。

                                                明るく綺麗な色を使い切り
                                                またスケッチに戻るのだ。

                                                7年に1度くらい
                                                耳鼻科で聴覚検査をしている。

                                                スタジオのモニター音量が
                                                いつの間にか上がり過ぎてしまう。

                                                7年前に比べると
                                                20khz以上がかなり落ち込んでいる。
                                                いわゆるハイ落ちである。

                                                地震と耳鳴りの
                                                因果関係がどうあるのか
                                                わからないが

                                                大きな地震がある前兆に
                                                聞こえ方のバランスが悪い。

                                                贅沢な時間がある時には
                                                無駄に浪費しているくせに
                                                忙しくなればなるほど
                                                やりたいことが次々に
                                                湧いて出て来るものである。

                                                西の空に鰯雲が色を染める前に
                                                やっておかないとならないことが
                                                まだまだある。

                                                どんなに暑くても
                                                夏がずっと続いていて
                                                欲しいものである。






















                                                2011-08-24 14:46:53投稿者 : BANANA ICE from 下町兄弟

                                                  Eric Carmen


                                                  中学生の頃は
                                                  欲しいレコードはなかなか買えなかった。

                                                  小さい頃からラジオでは洋楽ばかり聞いていた。

                                                  兄の影響は聴く音楽にも大きかった。

                                                  隣の兄の部屋から聞こえて来る音楽に
                                                  少しでも反応すると
                                                  カセットに録音してもらうのが日常だった。

                                                  Eric Carmenもその1人である。

                                                  "Boats Against The Current"
                                                  "Change Of Heart"
                                                  "Sunrise"
                                                  と名盤がたくさんあるのに
                                                  何処を探してもCDでリイシューが売られていない....

                                                  想い出に浸るのではなく
                                                  今だからこそ聞きたいアルバムはたくさんある。

                                                  でも街のレコード屋さんは軒並み消えて行き
                                                  来年には消えてしまう音楽ばかりで
                                                  陳列棚は埋め尽くされ
                                                  名盤さえも探せない。

                                                  そんなささやかな我がままさえ
                                                  この便利な時代にあって叶わない。

                                                  その度に感じる。

                                                  音楽を愛する人たちさえも
                                                  音楽業界から消えていってしまっているのだろうかと.....





                                                  2011-08-17 21:09:44投稿者 : BANANA ICE from 下町兄弟

                                                    summer food

                                                    カレー
                                                    暑い日には辛いものが欲しくなりますな〜。


                                                    これはココナッツミルクをベースにエスニック風にアレンジした
                                                    チキン料理。

                                                    材料は
                                                    ココナッツミルク、クミン、カルダモン、コリアンダー、ナツメグ、
                                                    ナンプラー、レッドペッパー、グリーンペッパー、ブラックペッパー、
                                                    パプリカ、トマト、チキン、ガーリック、ジンジャー








                                                    2011-08-14 17:39:40投稿者 : BANANA ICE from 下町兄弟

                                                      aftershock

                                                      古い友人であり音楽仲間のdj hondaくんが出演するとあって
                                                      日野皓正さんのAftershockライブツアーの東京公演に行ってきた。

                                                      ブルーノート東京で今まで無いくらいデカイ音と
                                                      終電がなくなるほど
                                                      延々2時間以上にも及ぶライブは
                                                      ジャンルを超えた
                                                      インプロビゼーションの連続でありながら
                                                      凄まじいアルゴリズム的なgrooveで包まれた。

                                                      ぼくが日野皓正さんを初めて知ったのは
                                                      16歳のころだっただろうか....
                                                      NYのトップ・ミュージシャンたちとセッションした
                                                      『City Connection』を知り
                                                      instなのにポップで格好よい音楽を
                                                      沢山聞くようになっていった。

                                                      当時一世を風靡したヒノテルさんの音楽が
                                                      こんなにも進化していたことの驚きと
                                                      音楽に対して自由で
                                                      純粋な感性と果てしない想像力を持ち続け
                                                      トップで居続けていることに
                                                      とても感動した夜になった。

                                                      またdj hondaくんがdjの枠を超え
                                                      一流のミュージシャンたちと
                                                      肩を並べるどころか
                                                      パフォーマンスでは
                                                      人一倍の歓声を集め
                                                      そのエンタテインメントに長けた
                                                      才能をあらためて実感し
                                                      友達としてとても嬉しかった。

                                                      楽しいだけでなく
                                                      自分が音楽と向き合う為に
                                                      色々なインスピレーションを
                                                      受けることができた気がする。

                                                      感謝。
                                                      peace and respect!!



                                                      http://www.terumasa.com/











                                                      2011-07-27 16:31:32投稿者 : BANANA ICE from 下町兄弟

                                                        震災復興チャリティ・アルバム

                                                        東日本大震災復興の力に少しでもなれればと
                                                        チャリティ・アルバムの参加へ
                                                        声をかけて頂き
                                                        パッケージが完成したようです!!



                                                        発売は8/10。

                                                        それぞれのアーティストが
                                                        サイト内やイベント等で販売し
                                                        売り上げの全額を
                                                        日本赤十字社を通じ
                                                        被災地へ寄付するよう窓口が作られました。


                                                        下町兄弟は過去に制作した
                                                        『牡丹橋~za downtown club remix』を
                                                        収めてもらっています。

                                                        その他にも
                                                        パパタラフマラの小池博史さんと関口満紀枝さんのコラボ作品の
                                                        作曲とアレンジを担当し、

                                                        HYANGHAのオリジナル曲『夢のはじまり』

                                                        音楽仲間の猿楽氏のプロジェクト
                                                        紅猿から『香音(カノン)』も
                                                        一緒に収録されています。

                                                        以下 参加アーティスト一覧

                                                        友川カズキ
                                                        小池博史(パパタラフマラ)+関口満紀枝(パパタラフマラ)
                                                        下町兄弟
                                                        アモーレ山田
                                                        松村冬風(一世風靡セピア)
                                                        伊勢侑生(nutty western's ) 
                                                        shadow trap of mirrors 
                                                        林田圭子
                                                        おひさま合笑団
                                                        小川友輔
                                                        山口和之
                                                        a day of universe
                                                        PEPPERMINT U
                                                        Ital jetter
                                                        紅猿
                                                        Kaori
                                                        シャガデリクスfutering ayano
                                                        ストリングラフィ
                                                        HYANGHA

                                                        作詩参加 sonoko
                                                        インナーアート 木本 好
                                                        ジャケットデザイン 今村
                                                        眞弘
                                                        フライヤーデザイン 浅岡英昭(フリーテンポ)








                                                        2011-07-26 15:47:37投稿者 : BANANA ICE from 下町兄弟

                                                          djembe

                                                          djembe
                                                          太陽にあてて湿気を取るためにdjembeたちを干してます。

                                                          djembeはやはり太陽の下で叩くのが
                                                          皮のコンディションで最高に音が良いです。








                                                          2011-07-15 15:35:59投稿者 : BANANA ICE from 下町兄弟

                                                            今日のBANANA ICEさん

                                                            EmiLy
                                                            @Old_School_Jamのゲストに来てくれたEmiLyさん(中央)。
                                                            歌唱/作曲/作詞とも才能の溢れるキュートなアーティストです。





                                                            ありがとうございました!!














                                                            2011-07-02 22:10:50投稿者 : 鉄骨番長

                                                              今日のBANANA ICEさん

                                                              ap
                                                              左上より
                                                              伊原アニッキ(GR)、HYANGHA(VO)、猿楽(PF)
                                                              下段
                                                              オレ(DJE)、中野綾(CHO)

                                                              @自由が丘ハイフン

                                                              photo by Fumihiko Suzuki




                                                              2011-07-02 00:23:52投稿者 : 鉄骨番長

                                                                6/29 Live for HYANGHA

                                                                HYANGHA‘s live in 自由が丘



                                                                2011.6/29(水)hyangha live 

                                                                場所:@hyphen自由が丘時間18:00 OPEN  19:00〜 START

                                                                Charge 3,000円

                                                                予約はお店の方まで hyphen自由が丘 03-3723-2251  HPよりお問い合わせの方へ http://r.goope.jp/hyphen/top

                                                                東京都 目黒区 自由が丘 1-26-9 三笠ビル B1東急東横線「自由が丘」駅 正面口 徒歩3分


                                                                HYANGHA(Vo.)伊原広志(Gr.)

                                                                猿楽(Pf.)下町兄弟(dje.)

                                                                中野綾(cho)












                                                                2011-06-24 13:55:06投稿者 : BANANA ICE from 下町兄弟

                                                                  今日のBANANA ICEさん

                                                                  イベント













                                                                  2011-06-19 13:40:49投稿者 : 鉄骨番長

                                                                    今日のBANANA ICEさん

                                                                    あじさい












                                                                    2011-06-15 16:34:10投稿者 : 鉄骨番長

                                                                      観劇【知恵と希望と極悪キノコ】

                                                                      赤坂

                                                                      飲み仲間が出演してることで
                                                                      久しぶりに観劇してきました。
                                                                      オリジナルのストーリーで笑えて泣ける
                                                                      元気になれる作品です!!

                                                                      楽しかった〜


                                                                      まだ間に合います!!是非!!













                                                                      2011-06-13 13:52:23投稿者 : BANANA ICE from 下町兄弟

                                                                        DJ CASH

                                                                        cash
                                                                        番組に遊びに来てくれたDJ CASH

                                                                        下町兄弟「No Radio No Sell Out」でもJimmy HattとしてDJをしてくれている
                                                                        20年来の友達です。

                                                                        彼のプロデュース作品に加え
                                                                        HYANGHAのアルバムの中の『Where U Are』のリミックスを
                                                                        作ってくれました。
                                                                        "Rock Solid Summer Time Remix"
                                                                        番組でOAして行くのでCheck it out!!











                                                                        2011-06-12 15:52:50投稿者 : BANANA ICE from 下町兄弟

                                                                          Spices Of The Sounds

                                                                          中華
                                                                          柄にも無く料理を作ることにハマってまして
                                                                          この日は中華の食材で創作料理です。

                                                                          材料は

                                                                          青梗菜、ベーコン、椎茸、青ネギ、赤ピーマン、生姜、ニンニク、
                                                                          エビ、鶏肉 etc.....

                                                                          鶏ガラ、オイスターソース、ナンプラー、酒、醤油、塩、コショウ、
                                                                          酢、砂糖、片栗粉、唐辛子。

                                                                          もともとはカレーを作るにあたって
                                                                          カレーのルーを買わずに
                                                                          スパイスと野菜と肉を煮込んで調合するところから
                                                                          時間をかけて作っていたら
                                                                          音楽の出来上がり方に
                                                                          過程が似ていたのでハマって行ったのです。

                                                                          最近では色んなジャンルが奏でられるようになったのであります。


                                                                          音楽で言う所の
                                                                          スタジオがキッチン
                                                                          ミュージシャンが食材
                                                                          楽器がスパイス
                                                                          料理することが作曲〜アレンジ
                                                                          なわけです。

                                                                          ヒットもあれば不作もある。

                                                                          それはお客さんがいての話しです。



















                                                                          2011-06-10 14:30:53投稿者 : BANANA ICE from 下町兄弟

                                                                            今日のBANANA ICEさん

                                                                            横浜









                                                                            2011-06-09 11:12:48投稿者 : 鉄骨番長

                                                                              今日のBANANA ICEさん

                                                                              dede














                                                                              2011-06-06 23:40:10投稿者 : 鉄骨番長

                                                                                なぜにソーラン節なのか

                                                                                この時期になると
                                                                                都内の小学校の校庭から
                                                                                ソーラン節が一斉に聞こえてくる。

                                                                                小生の記憶によると
                                                                                ソーラン節は
                                                                                北海道の民謡であり、
                                                                                漁師達が水揚げの際に
                                                                                掛け声とされてきたところから
                                                                                生まれたものだった気がする。

                                                                                どうやら
                                                                                人気ドラマで使われたことから
                                                                                馬鹿の一つ覚えのように
                                                                                都内のあちこちの運動会の演目に
                                                                                加わっているようである。

                                                                                ドラマの中では
                                                                                団結心を高める効果として
                                                                                使用されたと聞くが
                                                                                昨今の教師達が
                                                                                TVを教科書にしているのかと思うと
                                                                                それはそれで情けない

                                                                                団結心は同じ目標を
                                                                                共有するものが持つべきものであり

                                                                                十人十色の成長の過程にある小学生にとって
                                                                                目標も個性も全く違うにも関わらず
                                                                                叫んでいる声は
                                                                                軍隊の強制訓練のようにも
                                                                                聞こえて来る。

                                                                                単に
                                                                                小生の家が
                                                                                小学校に隣接しているため
                                                                                毎日ヒステリックな
                                                                                教員の指導まで
                                                                                聞こえてしまうから
                                                                                なのだろうかと
                                                                                吾を疑う。

                                                                                いずれにせよ
                                                                                子ども達の団結心が
                                                                                何かの拍子に生まれたとしても
                                                                                それは教師や親が押し付けるものではなく
                                                                                子ども達の中から
                                                                                生まれてくる力が
                                                                                遥かに将来の
                                                                                実りになることだろう。

                                                                                それはほんの短い休み時間に生まれる
                                                                                たまたま共通の自己主張かもしれないし
                                                                                何かを変えようとする力の種かもしれない。

                                                                                大人達や体制に疑問を
                                                                                もつことや
                                                                                アウトサイドのことに
                                                                                興味を持つ事や憧れは
                                                                                子どもならではあって当然だが
                                                                                そこに蓋をしたがる者も多い。

                                                                                しかし実際はそこに
                                                                                想像と創造と個性とエネルギーが
                                                                                詰まっているはずである。

                                                                                文化や伝統を
                                                                                正しく教えて導くことも
                                                                                大切だが

                                                                                なぜソーラン節なのか?
                                                                                なぜ都内にソーラン節が必要なのかを
                                                                                子ども達が理解し納得した上で
                                                                                声を揃えて演舞して欲しいものである。



























                                                                                2011-06-03 12:59:03投稿者 : BANANA ICE from 下町兄弟

                                                                                  ブッチャーさん

                                                                                  ブッチャー
                                                                                  5/21 横浜 伊勢佐木町 ダイニングバー+PLUSにて
                                                                                  川勝陽一(pf)さんプロデュースの山崎由美(vo)さんのLiveの
                                                                                  サポートへdjembeを叩きに行ったときの
                                                                                  Liveの様子をブッチャーさんが一瞬のうちに描いてくれた
                                                                                  素晴らしい絵です!!

                                                                                  こんな出会いがあるなんて素敵なプレゼントでした〜

                                                                                  他にもミュージシャンのライブの絵を
                                                                                  会場で立ちながらあっという間に描いてしまう神業芸術です。

                                                                                  横浜や湘南方面でブッチャーさんの描いたアーティストの
                                                                                  絵はたくさんお店に飾られています。
                                                                                  探してみてください〜


                                                                                  これはスタジオに大切に飾っておいてます!





                                                                                  2011-05-24 15:41:05投稿者 : BANANA ICE from 下町兄弟

                                                                                    木村至信BAND登場!

                                                                                    キムシノ
                                                                                    左より下町兄弟、枝智之、塩沢タモツ、木村至信。HYANGHA(敬称略)

                                                                                    2週連続でゲストに登場してくれた木村至信BANDの皆さん。
                                                                                    5/11発売のアルバム『オモイウタ』を届けてくれました。

                                                                                    アルバム中では下町兄弟のRAPもフューチャーしてくれてますよ!
                                                                                    要CHECK!!!是非〜

                                                                                    会う度にいつも元気をもらってます!! ありがとう〜















                                                                                    2011-05-10 12:49:31投稿者 : BANANA ICE from 下町兄弟

                                                                                      今日のBANANA ICEさん

                                                                                      カルボナーラ
                                                                                      カルボナーラ
                                                                                      作っていくうちに我ながら
                                                                                      かなり美味しく仕上げるコツがわかったのであった。














                                                                                      2011-05-10 01:17:05投稿者 : 鉄骨番長

                                                                                        2000年以降の時代

                                                                                        会ったことも無い者同志が
                                                                                        馴れ馴れしく会話をしてる世界に
                                                                                        未だ違和感を感じるのは
                                                                                        古い人間だからだろうか。

                                                                                        日本語の奥ゆかしさの文化は
                                                                                        敬語や丁寧語にも分けられるよう
                                                                                        人との距離感を大切にするところにある。

                                                                                        140文字で必要ない事を
                                                                                        やりとりしている時間があるのだから
                                                                                        なんとも平和な世の中である。

                                                                                        一方で差別に近い感情で
                                                                                        東北の被災地を人ごとのように
                                                                                        お見舞いし
                                                                                        日本の危機的状況に
                                                                                        無関心でいる人々に
                                                                                        憎悪さえ感じている。

                                                                                        金は人を狂わせるが
                                                                                        知らずと自分だけ良ければいいという
                                                                                        風潮の真只中にいることさえ気づかずに
                                                                                        生活をしている。

                                                                                        ネット文化が増幅させてものは
                                                                                        必ずしも悪いことばかりではない

                                                                                        しかしながら
                                                                                        自己矛盾の中で
                                                                                        悪循環を繰り返している世の現状を
                                                                                        なりふり構わずに金儲けをしてる時代の生き残りと言われる者が
                                                                                        教育に与える影響は少なくない。

                                                                                        何とも恐ろしい時代である。

















                                                                                        2011-05-07 02:11:31投稿者 : BANANA ICE from 下町兄弟

                                                                                          今日のBANANA ICEさん

                                                                                          hana
                                                                                          花が咲いた。


















                                                                                          2011-05-07 01:43:16投稿者 : 鉄骨番長

                                                                                            今日のBANANA ICEさん

                                                                                            本番前
                                                                                            本番前にリラックス

                                                                                            左より
                                                                                            川勝陽一さん(pf)、ビッキー(b)、オレ(djembe)















                                                                                            2011-05-06 13:54:41投稿者 : 鉄骨番長

                                                                                              女体

                                                                                              sara
                                                                                              間違いなく女性です。

















                                                                                              2011-04-27 06:05:50投稿者 : BANANA ICE from 下町兄弟

                                                                                                4/25

                                                                                                昨日は祖父の命日。
                                                                                                毎年墓参をしていたが
                                                                                                今年は余裕がなくて
                                                                                                行けなかった.....

                                                                                                横浜の山手にあるその場所は
                                                                                                命日に関係なく弱った時に
                                                                                                顔をだすだけで
                                                                                                心がすっきりする
                                                                                                自分にとって心の落ち着く場所でもある

                                                                                                田中好子さんの肉声の
                                                                                                美しくも悲しい最後のメッセージは
                                                                                                涙をなくして聞く事はできない

                                                                                                天国は清らかな心だけを
                                                                                                運んでくれる場所なのかもしれない

                                                                                                よく先輩が言う....
                                                                                                亡くなって3年は
                                                                                                仏にはならないと

                                                                                                歳を重ねれば重ねる程
                                                                                                出会いよりも別れの数が大きくなる

                                                                                                その度に後悔ばかりが
                                                                                                自分を責める

                                                                                                後悔とは
                                                                                                『あのときどうして、そうしなかったのか』
                                                                                                『あのとき、こうしてればよかった』
                                                                                                ただ、もう1方の道を選択したとしても
                                                                                                必ず、同じ後悔をするのが人である。

                                                                                                これはフーテンの寅さんの中に出てくる
                                                                                                ある場面の台詞でもある。

                                                                                                宮本武蔵は座右の銘に
                                                                                                『吾、事において後悔せず』
                                                                                                と自分に厳しく生きた。

                                                                                                これは「後悔」の意味を痛いほど
                                                                                                わかっていたから生まれた言葉だろう。

                                                                                                これから先
                                                                                                大切な人との別れを今よりもっと
                                                                                                経験する覚悟などできるだろうか。

                                                                                                そう考えると
                                                                                                普通に街で優しく笑顔で声をかけあう
                                                                                                長老の諸先輩たちが
                                                                                                たくましく見えてくる。

                                                                                                戦争や関東大震災を経験したのだから。

                                                                                                大切な人が増えれば増えるほど
                                                                                                別れの時が辛くなる
                                                                                                その度に、人は強くなり
                                                                                                そして人に優しくなれるのだろうか

                                                                                                自分にはまだわからない

                                                                                                .....................

                                                                                                田中好子さんは一度だけ
                                                                                                自分の曲が映画で使われた時に
                                                                                                試写会でご挨拶させて頂いた。
                                                                                                とても素敵な方でした。

                                                                                                心よりご冥福をお祈りします。















































                                                                                                2011-04-26 12:36:33投稿者 : BANANA ICE from 下町兄弟

                                                                                                  スタジオから

                                                                                                  夕陽
                                                                                                  東京のスタジオからの夕陽(5:30pm)
                                                                                                  気持ちよい季節になってまいりました。

















                                                                                                  2011-04-26 08:29:59投稿者 : BANANA ICE from 下町兄弟

                                                                                                    Tokyo Backstreet

                                                                                                    立石
                                                                                                    立石商店街


                                                                                                    柴又〜江戸川河川敷


                                                                                                    葛飾区柴又〜江戸川

                                                                                                    最近、立石〜柴又の付近にハマってます。
                                                                                                    東京の下町にはこんなのどかな場所が
                                                                                                    まだまだあるのですよ。











                                                                                                    2011-04-25 17:55:02投稿者 : BANANA ICE from 下町兄弟
                                                                                                      746件中   101 - 150 件表示 ( 全 15ページ )  ページを表示
                                                                                                        1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  ...