Shitamachi-Kyoudai's official WebSite

Profile

Rap Performer/Djembe Player
メンバー : Banana Ice プロデュース/ソングライト/作詞/アレンジ/Remix等、数多くのアーティストの作品に関わる(詳細参照)。13才からバンドを始める。1982年地元の仲間でBananavender & The Jungle Fiveを結成。日本語ラップを取入れライブ/コンテスト等に出演。Bananavendersに改名日本初完全日本語Rap Albumでテイチクよりデヴュー。1989年CX系子供番組『ひらけ!ポンキッキ』でオリジナル・ラップ曲を発表。1992年SHIBAURA RECORDSレーベルを立ち上げ下町兄弟として12inchを中心にオリジナル曲を発表。ボディコンをテーマにした曲はジュリアナ東京で初めてDJにプレイされる日本語ラップ曲として話題となり、USENの第1回フレッシュ・ミュージシャン・コンテストでグランプリを獲得。都内ディスコ/クラブでゲリラ・ライブを開始。「パリッ!とオバさん」はFM802でインディーズからは初のヘビー・ローテーション曲に選出。TVアニメ、映画、ラジオ/TVのジングル、コント、CM、舞台、アイドルの仮ラップから、俳優養成所の滑舌レッスン、受験用教材に至るまで、ジャンル問わず多方面にラップを取り上げて頂き現在に至る。発表されている作品は500曲以上。

BANANA ICE:Nov.1st. in 1963 Tokyo Backstreet birth.
BANANA ICE is writing a lot of songs and lyrics for many artists and producing,too. And is active as rap artist and djembe player named "SHITAMACHI-KYOUDAI". A large number of works are released by own label SHIBAURA RECORDS(since 1992) and as same as from some major labels.
Pls.check this out in detail.



詳細 >>

記録

Live Appearance

動作環境

Windows 7, vista, XP
Mac OS X 10.x
Internet Explorer 7以上
Mozilla Firefox 2~6
Safari 3以上
Windows Media Player 9以降
Adobe Flash Player バージョン8以上
* Cookie および ActiveXを有効にしてください


動作環境について

QRコード

携帯電話からアクセス
クリックで拡大します
URLをメールアドレスに送信

RSS RSS

風の又三郎

舞台「風の又三郎」ツアーが終演。
仙台から始まり
長野
多摩
茅野
再び仙台へ戻ってきました。

どのホールも温かい歓迎を受け
熱い拍手に包まれました。

旅の移動日には
全てレコーディングの
スケジュールが有り
怒濤の10月でしたが、
何とか体調も崩さず
乗り越える事ができました。

宮沢賢治作品の
『風の又三郎』を
演出家の小池博史さんによって
新しい旋風が巻き起こったような
気がしています。

どこかで宮沢賢治が
覗いて観てくれていたのでは
ないだろうかと想像します。

1時間半の舞台ですが
シーン毎にまったく
時間の観念を超えた印象を
与えてくれます。

ぼくは演奏しながら
その覚醒の中で
時空を超え異界へ巡る体験を
しているように感じていました。

この体験を
子どもの頃に
観ていたら
どうなっていたんだろうと
想像します。

演奏はぼくのジャンべを
中心にした打楽器と
中村明一さんの尺八。

この二つで風の音を
作ってきました。

尺八の音色に時々
吸い込まれそうになりながらも
時には一緒に浮遊し
時には荒々しく躍動し
演者の人たちの呼吸と
同時に重なりながら
うねりを作って来れたのでは
ないでしょうか......

舞台は本当に
実際に生で観ないと
わからないことばかりです。

光、陰、音、呼吸、
映像、身体の動き、
全てになりますが、
コンマの世界まで詰めて
細かく作られていることに
時間が経てば経つほど
驚きます。

茅野では
衣装の浜井さんの指導のもと
子どもたちのワークショップが
事前に開催され、その時の
風の衣装を小学生たちが着て
会場に観に来てくれました。

ステージから観て
その子どもたちの姿が
とても印象的でした。
写真に収めたかった〜〜

子どもたちは
暗転になった途端に
キャー!!と拍手し
思い思いに声を出し
楽しんでくれている姿が
空気から伝わってきました。
それは、こちらとしても
感動的です。

風の又三郎

本当に風のように
終わってしまいましたが
またどこかで
再演できることを
祈っています。


仙台最終公演日の本番前


隠れた部分も含めマイクの数は9本。
音響の印南君は公演を重ねる毎に音が
良くなっている気がします。


初日、偶然、坊主頭が青いシャツを皆着て来ました。
なんだかこのシンクロは、成功の予感!


下手位置から演者と呼吸を合わせます。


円形のオブジェの陰から美女が.....
彼女もこのあと坊主頭に!!


茅野では誕生日を迎え、皆が突然、お祝いを〜
ありがとうございました〜〜










2016-11-08 01:04:07投稿者 : 下町兄弟(BANANA ICE)