Shitamachi-Kyoudai's official WebSite

Profile

Rap Performer/Djembe Player
メンバー : Banana Ice プロデュース/ソングライト/作詞/アレンジ/Remix等、数多くのアーティストの作品に関わる(詳細参照)。13才からバンドを始める。1982年地元の仲間でBananavender & The Jungle Fiveを結成。日本語ラップを取入れライブ/コンテスト等に出演。Bananavendersに改名日本初完全日本語Rap Albumでテイチクよりデヴュー。1989年CX系子供番組『ひらけ!ポンキッキ』でオリジナル・ラップ曲を発表。1992年SHIBAURA RECORDSレーベルを立ち上げ下町兄弟として12inchを中心にオリジナル曲を発表。ボディコンをテーマにした曲はジュリアナ東京で初めてDJにプレイされる日本語ラップ曲として話題となり、USENの第1回フレッシュ・ミュージシャン・コンテストでグランプリを獲得。都内ディスコ/クラブでゲリラ・ライブを開始。「パリッ!とオバさん」はFM802でインディーズからは初のヘビー・ローテーション曲に選出。TVアニメ、映画、ラジオ/TVのジングル、コント、CM、舞台、アイドルの仮ラップから、俳優養成所の滑舌レッスン、受験用教材に至るまで、ジャンル問わず多方面にラップを取り上げて頂き現在に至る。発表されている作品は500曲以上。

BANANA ICE:Nov.1st. in 1963 Tokyo Backstreet birth.
BANANA ICE is writing a lot of songs and lyrics for many artists and producing,too. And is active as rap artist and djembe player named "SHITAMACHI-KYOUDAI". A large number of works are released by own label SHIBAURA RECORDS(since 1992) and as same as from some major labels.
Pls.check this out in detail.



詳細 >>

記録

Live Appearance

動作環境

Windows 7, vista, XP
Mac OS X 10.x
Internet Explorer 7以上
Mozilla Firefox 2~6
Safari 3以上
Windows Media Player 9以降
Adobe Flash Player バージョン8以上
* Cookie および ActiveXを有効にしてください


動作環境について

QRコード

携帯電話からアクセス
クリックで拡大します
URLをメールアドレスに送信

RSS RSS

下町兄弟日記

小学生の頃 
3つ上の兄と喧嘩すると
絶対に力では勝てなかった為
台所から包丁を持ち出し
構えるところまで行くが
40年以上経った今
包丁は野菜か肉を切る道具以外に
使った試しは無い。

その辺にあった
重たい積み木も
兄に向かって
幾度となく
力いっぱい
投げたこともあったが
兄は今も元気で生きている。 

ぼくらの少年時代
現代のような短絡的に
人が人を殺すような事件が
あったのだろうか? 

柄が悪いと言われてきた
東京の下町でさえ
昨今の三面記事の
見出しにあるような事件に
遭遇するような事等
記憶にない。

確かに
ここ数年

1日家にいたりすると
サイレンの音は
10回以上聞くようになった。

電子レンジが壊れても
110番する主婦が
いるくらいだから
不思議ではないのだろう。

それにしても

屈折した恋愛感情の縺れや
通り魔的な殺人や強盗
親が子を
あるいは子が親を

未成年による
結果凶悪な犯罪


情報網が少なかっただけで
あの頃にも
実際に起っていたのだろうか?

そうは思えない。

精々
ピンポンダッシュや
イタズラ電話の
軽犯罪から

『おい、ジャンプしてみろ』
と、頭3つ分ほど大きい
学区外の輩が
ポケットに入っていた
僕らの大切な日当を
カツアゲしに来たり

髪の毛が相当抜け
体じゅうに痣を作る程の
取っ組み合いや

腕の骨や肋が
1本折れる程度の
悪ふざけや

死んで池に浮き上がった鯉を
陸に上げ その尻に
爆竹を入れて喜ぶ奴や

廃墟のガラス窓に
石を命中させる者が

我々の知る
最も凶悪犯であった気がする。

一方
大人になった今
20年前に観た映画は
当時は過激な描写の連続で
劇場から出た後には
ハンバーガーも
食べれなくなる程だったのに

同じ映画を今観ても
内容は別としても
当然ながら
映像は古く
印象は但々薄い。

故に刺激は確実に
時代を経て
エスカレートしている。

表現の規制が厳しくなる一方
虚構の世界では
現実と履違える程
未熟な脳には処理しきれない
過激な情報を無制限に
流し込んでいるに違いない。

或は SNS のお陰で
他人の情報を
簡単に入手できたり
監視できたり
よからぬ妄想癖者を
増殖させている。

インターネット
携帯電話
雑誌
映画
漫画
ゲーム
テレビ
全てのメディアは
想像力よりも
先回りした過度な情報を
送り続けて刺激度を
上げている。

何事も
選択すれば良いのだが
そうは行かないようだ。

体罰は禁止
親は子を叱らず
先生は見下され
喧嘩はしてはいけない

勝ち負けは
学歴と年収

小さいうちから
経済観念を植え付け


平気で離婚する親の
威厳はなく

自分勝手と自由を
履違え

陰険な苛めが
表沙汰にならない場所で
繰り返される

これでは
餓鬼どもは
怪我も痛い事も
覚えぬまま
心の傷さえ
痛みに感じず
犯罪を犯罪だと学習、
いや、想像できないまま
社会に放り出され
仮想空間の延長で
人を虫けらのように
扱ってしまうことは
学説等に基づかなくても
ちょっと考えれば
想像できる。 

命の大切さを知らない
小さい子どもが
蟻の大群を気持ち悪くなって
踏みつぶす衝動と
何の変わりはない。

金、金、金と
誰もが必死な
経済至上の世の中

我々大人達の怠慢と
放置し続けて来た
もっと大切な
倫理観念や
想像力の欠落は
社会の歪みを
確実に生み出していることを
自覚しないといけない。













2014-03-04 19:23:59投稿者 : 下町兄弟(BANANA ICE)