Shitamachi-Kyoudai's official WebSite

Profile

Rap Performer/Djembe Player
メンバー : Banana Ice プロデュース/ソングライト/作詞/アレンジ/Remix等、数多くのアーティストの作品に関わる(詳細参照)。13才からバンドを始める。1982年地元の仲間でBananavender & The Jungle Fiveを結成。日本語ラップを取入れライブ/コンテスト等に出演。Bananavendersに改名日本初完全日本語Rap Albumでテイチクよりデヴュー。1989年CX系子供番組『ひらけ!ポンキッキ』でオリジナル・ラップ曲を発表。1992年SHIBAURA RECORDSレーベルを立ち上げ下町兄弟として12inchを中心にオリジナル曲を発表。ボディコンをテーマにした曲はジュリアナ東京で初めてDJにプレイされる日本語ラップ曲として話題となり、USENの第1回フレッシュ・ミュージシャン・コンテストでグランプリを獲得。都内ディスコ/クラブでゲリラ・ライブを開始。「パリッ!とオバさん」はFM802でインディーズからは初のヘビー・ローテーション曲に選出。TVアニメ、映画、ラジオ/TVのジングル、コント、CM、舞台、アイドルの仮ラップから、俳優養成所の滑舌レッスン、受験用教材に至るまで、ジャンル問わず多方面にラップを取り上げて頂き現在に至る。発表されている作品は500曲以上。

BANANA ICE:Nov.1st. in 1963 Tokyo Backstreet birth.
BANANA ICE is writing a lot of songs and lyrics for many artists and producing,too. And is active as rap artist and djembe player named "SHITAMACHI-KYOUDAI". A large number of works are released by own label SHIBAURA RECORDS(since 1992) and as same as from some major labels.
Pls.check this out in detail.



詳細 >>

記録

Live Appearance

動作環境

Windows 7, vista, XP
Mac OS X 10.x
Internet Explorer 7以上
Mozilla Firefox 2~6
Safari 3以上
Windows Media Player 9以降
Adobe Flash Player バージョン8以上
* Cookie および ActiveXを有効にしてください


動作環境について

QRコード

携帯電話からアクセス
クリックで拡大します
URLをメールアドレスに送信

RSS RSS

News





Now On Sale
The Latest

















【歌で覚えて合格する高校受験】by 歌で覚えて合格し隊
プロデュースしました。
♫100以下の素数
♫2ケタの素数の掛算
♫平方数の掛算
♫分数の少数変換
♫平方根
♫解の公式
ラップ中心に高校受験に必須要素を楽しく簡単に覚えられる!

9/13
ビクターエンタテインメントより
一斉配信スタート!








話題の"けたぺん”

新曲をサウンド・プロデュース!

「HawaHawa Typhoon」




↑Click↑






Now On Sale

小錦八十吉&千絵 デュエット・アルバム

『COLOR's』




サウンド・プロデュースしました!






2017年10月21日(土)・22日(日)
東京都 パルテノン多摩

2017年10月28日(土)
千葉県 柏市民文化会館

2017年11月15日(水)
福井県 福井県立音楽堂 ハーモニーホールふくい

2017年12月3日(日)
大阪府 豊中市立ローズ文化ホール

作・演出・振付:小池博史

音楽:中川俊郎、藤井健介

出演:小谷野哲郎
荒木亜矢子
大塚陽
演奏:中川俊郎(ピアノ)
中村明一(尺八),
下町兄弟(djembe/打楽器)
ノリヤス(djembe/打楽器)
中村哲也(djembe/打楽器)


詳細 >>

日本の響 草加の陣

尺八奏者の中村明一さんが
プロデュースする
邦楽のパイオニアたちの共演
『日本の響』に

西アフリカの打楽器=djembeで
民謡の藤堂輝明さん
そして根本美希さんの
演奏で参加しました。

ぼくの横には本場西アフリカの
ガーナの伝統音楽を継承する
ボーイ・ウインチェスター・ニテテさん
そして周りは筋金入り
和楽器の演奏家のみなさん

自分だけ何だか
地に足がついてないような
立ち位置でしたが...(笑)
プロデューサーの
中村明一さんのお陰で、
堂々と気持ち良く
演奏させてもらうことができました。


箏、三味線、尺八、和太鼓、雅楽、
どのパフォーマンスを覗いても
日本の楽器の音色がこんなにも
美しかったと実感します。

そして何よりも
それぞれの演奏が
子どもの頃にイメージしていた
和楽器の演奏とは全く違うこと



片耳ではきっと
小さい頃から
和楽器の音には
春夏秋冬
どこかしらで
聞いていたに違いない。

でも
中学生頃からは
ほとんど英米の音楽に
憧れ、模倣し、
派手さとテクニックばかり
心を奪われがちだった

もちろんそれらは
今聞いても
素晴らしいものばかりだけど......


それにしても
和楽器の演奏家の超一流と
言われる人たちが
集まり、それぞれ30分ほど
奏でただけで、
驚きと感動の連続でした。

歳を重ねて気づいたのか
大人になって本物の和楽器に触れたのか
自分ではわからないけれど

伝統的でありながら
やっていることが皆
新しいからこそ
心に響いたのかもしれません

主催者の方が言われてました、

パイオニアの人たちが
今も変わらずにパイオニアとして
存在し続けていいる所以が
ここにある,と。

ラストでは
出演者全員で「ソーラン節」を
ヒダノ修一さんの指揮で。

最高に気持ち良い1日でした!

オフィス・サウンドポットのスタジオでリハ。








明るく優しくパワーフルなニテテさん!
グルーヴは最高です!


津軽三味線の澤田勝成さん
まったく乱れのない音、凄い!


ぼくのセット


ニテテさんのセット




演奏後の楽屋。あれ?明一さんがいかない.....
(総合監督でもあるので中村明一さんは会場です。)


左から八木のぶおさん、自分、ミッキー吉野さん、
鳴瀬喜博さん、
まさか一緒に演奏できるなんて思ってませんでした。










2017-09-13 18:22:25(JST)投稿者 : 下町兄弟(BANANA ICE)